お子さまの靴のサイズ合っていますか?

2018年07月25日

こんにちは。

神戸市垂水区の桃山台にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の痩身セラピストの城真奈です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先ほど、ご予約されていた患者さまから

「熱中症になってしまい、気分が悪くてキャンセルをお願いします。」

という連絡が入りました。

連日、テレビでも放送されている通り

今年は国内初の最高気温41℃がでたりと

本当に平年よりも暑さが厳しくなっております!!!

ちょっとした油断が重症になってしまう危険もあります。

わたしだけは大丈夫と思わずに、、、

どうかこまめな水分補給と適度な休息をより心がけてお過ごしください。


 

本日のタイトル

「お子さまの靴のサイズ合っていますか?」

 

いかがでしょうか?!

心当たりのある方いらっしゃいますか?

靴のサイズがきちんと足と合っているか、

靴のサイズと足が少しでも違っているかで

大きな差が出てきます!!!

ここは大人の方も成長期のお子さまもとても大切なポイントになります。

 

 

私自身も昔は

大きめの方がかわいいデザインがある!

とか

おしゃれなものがある!

大人っぽく見える!!!

などの理由で小学生のころは少し大きめの運動靴をはいていた思い出があります。

私の場合うまれつきの外反母趾に加えて、

10~20代の頃に何も知らず無理して高いヒールをずっと履いていたので

今ではその代償でヒールが全くはけなくなってしまいました・・・。

何も知らないってこわいですね。

 

今となっては自分自身が外反母趾ということに気づいたことも遅かったですし、

足に負担のかかることばかりしていたことに後悔しています。

今からは出来る限りカラダに良い生活を心がけるようにしています。

 

 

しろ院長がフットケアトレーナーの資格を取ってから、

わたしも足や靴のことについて少しずつ学ばせていただいています。

今日はそのことを皆さまのお役に立てるように

少しお伝えいたします。

 

足はカラダの土台です!

木も根がしっかりしていないとすぐに雨や風で倒れてしまったりもします。

根がしっかりはっている木は、

何千年という歴史がありますよね。

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の靴選びの大切さについて

人間のカラダも同じです。

足と靴のサイズが違っていると

足に安定感がなくなります。

足はカラダの全体を支えている大切なところになりますので、

靴のサイズが足と比べて大きいものをはいていると

靴の中で足が遊んでしまうようになるので

カラダのさまざまなところに痛みなどの症状がでてくる可能性が高くなります。

 

 

また昔と比べて、

今は圧倒的に足の症状

「成長痛やかかと痛」といわれるものが増えてきました。

 

その原因の1つが靴の選び方に問題があると言われています。

今は靴の性能がとてもよくなり、

足の筋肉がなくてもある程度動けるようになっているのです。

 

それが、足の筋力の低下にもつながっていたりします。

 

当院では、

フットケアトレーナーのしろ院長が

足の測定もしています。

縦のサイズだけでなく、

横のサイズも測ったり型をとってみたりと詳しく調べていきますので、

これからの靴選びのポイントも分かるようになります!!!

お一人お一人に合うブランドなどもお伝えしています\(^o^)/

 

カラダも皆さまそれぞれ違うように

面白いくらい足の形も違うのですよ。

 

デザインや流行だけで靴を選ぶようなことはできるだけ避けてくださいね。

特に成長期のお子さまは足がこれから大きくなっていきますので、

とても大切です。

自分自身の経験があるので、ここは本当に大切だと来られた方にもお伝えしています!!!

 

成長期のお子さまのカラダの不調(痛みやよくケガをする)

ありましたら、

ぜひふくしま鍼灸接骨院桃山台院

までご相談くださいね(*^▽^*)

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院 成長痛 オスグットのイラスト

 

 

☆オスグッド☆

2018年07月10日

こんにちは。

神戸市垂水区の桃山台にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の痩身カウンセラーの城真奈です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

近畿地方では昨日の7月9日に

梅雨明けの発表がありました。

先週の大雨から一転、

急に30度を超える夏日になりびっくりしました!

家から娘を保育園に送り出し接骨院につくころにはもう汗だくになっています。

 

今年は梅雨明けが平年より12日も早いそうです。

そうなると、

夏の暑い暑い時期が長くなりますね。

この3ヶ月くらいはこの気温や気候が続きます。

暑いと

食欲が落ちたり

何にも集中できなくなったり

カラダにだるさを感じたりというお声をよく耳にします。

 

でも、悪いことばかりではありませんよ!!!

たくさん汗をかいて老廃物が体外に出やすくなったり

ダイエット的にも自分の体型を意識しやすい時期でもあります。

 

暑いので仕方に部分も多少あるかもしれませんが、

日本に住んでるいじょうはこの暑さともうまく付き合っていく必要があります。

カラダを活発に元気にするには、まずは食事が大切です!

冷たいものばかり飲んだり食べたりせず

和食中心!汁物を一品は加える!ことを意識してみてくださいね。

夏は夏野菜など生で食べやすいお野菜も増えるので簡単に食べれますね。

 

 

さて、本日のタイトル

「オスグッド」

小学生や中学生のお子さまをお持ちの親御さんは聞いたこともある方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに私は主人と一緒にこのお仕事に関わらせていただくようになって初めて知りました。

 

まず、簡単にご説明いたしますと

「オスグッド(オスグット)」は膝の成長痛です。

 

この症状は、

小学生や中学生の成長期に起こりやすいものですが、

その中でも特にスポーツを活発にしている子に多い特徴があります。

部活動を頑張っている学生さん

クラブチームに入っている学生さんが

当院に多く来院していただいております。

 

症状には個人差がありますが、

膝のお皿の上あたりが突き出してきて痛くなる

赤く腫れあがる

お膝の部分に熱が出る

などがあります。

症状がひどくなると

長い間スポーツをお休みしなければいけなくなる方もいらっしゃいます。

 

当院に来られる方の中にも

痛くて今動くことが出来ない!本当はたくさん動きたい!練習したいのに!

と辛い思いをおはなししてくれる方もいらっしゃいます。

 

小学生や中学生の成長期にしたいスポーツができないという気持ちは本当にお辛いと思います。

1番動きたい盛りの時期です。

 

当院では、特にそんな方々の1番のお役に立ちたいという思いで治療しています。

病院などに行くと休むように指導される場合がほとんどです。

もちろん休むことで使っていないので痛みは軽減しますが、

カラダが変わっていないとまた動き始めたときに痛みが生じます。

 

当院と他との違いは

できるだけ休むことなく動きながら治療を進めています。

治療方法としては、

カラダの歪みをチェックしたり

足の使い方、動き方をチェックしたり

必要に応じてインソール治療なども行います。

 

オスグッドで来院された方は

皆さま良い方向へ改善されています。

 

 

成長痛やオスグッドの治療について詳しくはこちらをご覧ください。

 

私たちの目標は

「何事にも挑戦し諦めずに前を向いて

走り続けたい方を応援しています」

 

地域でナンバー1の皆さまのサポーターになれるように

これからも活動していきます!!!

 

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院のオスグッド治療

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の膝の痛みの治療

 

 

☆シーバー病☆

2018年05月23日

こんばんは。

神戸市垂水区の桃山台にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の城です。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

5月に入りずいぶんと気温も上がりましたね。

外に出る機会が多くなった、

外で運動を始めるのに最適な時期になったと喜んでいる方も多いと思います。

その反面、

冬の間にかたまってしまっていた体を急に動かそうとして

体のさまざまなところ

得に腰や足などに痛みを訴える方が増えています。

 

中でも、

スポーツをされている学生さんが当院には多く来られています。

そして、成長する時期に最も多くみられる症状のひとつ

「シーバー病」

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)と難しくも言われますが

簡単に言うとかかとの痛みです。

運動や活発に動いている学生の方に多い症状です。

 

安静にしていると負荷が少なくなりますので、

痛みはマシになりますが

また運動をはじめると痛みが出ます。

これは根本的に何も改善されていないからです!

 

運動をしている学生さんにとって長期間安静にすることは、

試合や大会にもでるチャンスを失うことにもなりますので

休みたくない!休まずに治したい!方がほとんどだと思います。

院長の城も小学生から大学生まで長年野球をしていたので

休む辛さが痛いほどわかるといいます。

 

当院の治療方針としては

基本的には休まずに治療を進めていきます。

その理由としては、

シーバー病(かかとの痛み)の原因のほとんどが靴にあるからです。

靴のサイズや幅が合っていないことにより

痛めてしまう方がほとんどなのです。

 

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院では

足の専門家

フットケアトレーナーの資格をもつ院長の城が

足のサイズや幅をお一人お一人しっかり測定しています。

 

「シーバー病」(かかとの痛み)の治療では

必要に応じてインソール(靴の中敷き)も制作しております。

 

足の痛みでお悩みの方は

まずは診せてください!!!

 

運動を活発にされている学生さんの中には

かかとや膝、足の痛みでスポーツが出来ない!やめてしまった!

と言われる方も多いです。

 

たくさん動ける時期にスポーツができないと

諦めてしまう方の救世主になれればと活動しています。

 

成長痛・オスグット・シンスプリント・シーバー病のことなら

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の城にお任せください(^^)/

 

詳しくはこちらをご覧ください。

詳しい内容や実際に治療して改善されたみなさまの

体験談も載せています。

 

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院のシーバー病の治療写真

 

治療が初めてという学生さんも多いと思います。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

TEL 078-751-4737