お子さまの靴のサイズ合っていますか?

2018年07月25日

こんにちは。

神戸市垂水区の桃山台にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の痩身セラピストの城真奈です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先ほど、ご予約されていた患者さまから

「熱中症になってしまい、気分が悪くてキャンセルをお願いします。」

という連絡が入りました。

連日、テレビでも放送されている通り

今年は国内初の最高気温41℃がでたりと

本当に平年よりも暑さが厳しくなっております!!!

ちょっとした油断が重症になってしまう危険もあります。

わたしだけは大丈夫と思わずに、、、

どうかこまめな水分補給と適度な休息をより心がけてお過ごしください。


 

本日のタイトル

「お子さまの靴のサイズ合っていますか?」

 

いかがでしょうか?!

心当たりのある方いらっしゃいますか?

靴のサイズがきちんと足と合っているか、

靴のサイズと足が少しでも違っているかで

大きな差が出てきます!!!

ここは大人の方も成長期のお子さまもとても大切なポイントになります。

 

 

私自身も昔は

大きめの方がかわいいデザインがある!

とか

おしゃれなものがある!

大人っぽく見える!!!

などの理由で小学生のころは少し大きめの運動靴をはいていた思い出があります。

私の場合うまれつきの外反母趾に加えて、

10~20代の頃に何も知らず無理して高いヒールをずっと履いていたので

今ではその代償でヒールが全くはけなくなってしまいました・・・。

何も知らないってこわいですね。

 

今となっては自分自身が外反母趾ということに気づいたことも遅かったですし、

足に負担のかかることばかりしていたことに後悔しています。

今からは出来る限りカラダに良い生活を心がけるようにしています。

 

 

しろ院長がフットケアトレーナーの資格を取ってから、

わたしも足や靴のことについて少しずつ学ばせていただいています。

今日はそのことを皆さまのお役に立てるように

少しお伝えいたします。

 

足はカラダの土台です!

木も根がしっかりしていないとすぐに雨や風で倒れてしまったりもします。

根がしっかりはっている木は、

何千年という歴史がありますよね。

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の靴選びの大切さについて

人間のカラダも同じです。

足と靴のサイズが違っていると

足に安定感がなくなります。

足はカラダの全体を支えている大切なところになりますので、

靴のサイズが足と比べて大きいものをはいていると

靴の中で足が遊んでしまうようになるので

カラダのさまざまなところに痛みなどの症状がでてくる可能性が高くなります。

 

 

また昔と比べて、

今は圧倒的に足の症状

「成長痛やかかと痛」といわれるものが増えてきました。

 

その原因の1つが靴の選び方に問題があると言われています。

今は靴の性能がとてもよくなり、

足の筋肉がなくてもある程度動けるようになっているのです。

 

それが、足の筋力の低下にもつながっていたりします。

 

当院では、

フットケアトレーナーのしろ院長が

足の測定もしています。

縦のサイズだけでなく、

横のサイズも測ったり型をとってみたりと詳しく調べていきますので、

これからの靴選びのポイントも分かるようになります!!!

お一人お一人に合うブランドなどもお伝えしています\(^o^)/

 

カラダも皆さまそれぞれ違うように

面白いくらい足の形も違うのですよ。

 

デザインや流行だけで靴を選ぶようなことはできるだけ避けてくださいね。

特に成長期のお子さまは足がこれから大きくなっていきますので、

とても大切です。

自分自身の経験があるので、ここは本当に大切だと来られた方にもお伝えしています!!!

 

成長期のお子さまのカラダの不調(痛みやよくケガをする)

ありましたら、

ぜひふくしま鍼灸接骨院桃山台院

までご相談くださいね(*^▽^*)

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院 成長痛 オスグットのイラスト