有痛性外脛骨(足首の痛み)

  • 足首の内側が突起してて痛い
  • 走ると足首の内側が痛い
  • 足首の捻挫して治ったのに今度は足首の内側が痛い
  • 病院で安静にと言われて良くなったが走ったらまた痛くなる
  • 良くなって痛くなっての繰り返しなので諦めている
有痛性外脛骨は安静にしても良くならない!

有痛性外脛骨とは足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨

(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められます。

多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、

これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言います。

基本的に原因としては扁平足が原因だと言われています。

 

扁平足が原因の場合もありますが、足首の硬さや骨盤の硬さによって扁平足になってしまっている子もいますので、断定はできません。

安静にするのは急性期のみでしっかり体の歪みや靴の見直しをすることによって改善します!

 

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院 桃山台院の有痛性外脛骨の施術方法

①足のサイズ測定

扁平足のチェックもしますが、実際の足が靴に合っているかどうかが最も重要です。

成長期の子供にとっては足元は心臓の次に大事な箇所です。

草や木も根本が悪いとすぐに倒れてしまいます。人間も同じです。

足のサイズをチェックして最適なサイズやメーカーなどはご案内します!!

 

②体の歪みチェック

小さい頃から実際の足よりも大きな靴を履いて生活している子は近頃増えています。

気がついていない子もたくさんいます。

そのため足元が不安定になってしまいそれを補正するために体が歪んで成長してしまいます。側弯症(背骨が歪んでいる)の原因の一つとして靴の大きいこともあります。

足首だけでなく全身の歪みを調整していきます。

全く痛くない調整法なので、眠ってしまう子もいます!!

子供の場合は血液循環も良いので早期に改善が見込めます。

 

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院 桃山台院の有痛性外脛骨の施術の通院の目安

1ヶ月(約6回)

平均で6回ぐらいです。

6回の中に歪み調整、靴の見直し、インソール作製が含まれます。

基本的に安静にすることはありません。プレーを継続しながらの施術となります。

急性期で歩くのも激痛の場合は休んで頂く場合もあります。

いろんな病院に行っても改善できなくて

当院にたどり着いた方が多くいます。

んでいる方がいましたらお気軽にご相談ください!