☆豆ごはん☆

2016年05月13日

おはようございます。

神戸市垂水区にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の

耳つぼダイエット担当 城 まなです☻
 
ご覧いただきありがとうございます。
 
 
 
季節が変わると食べるものもかわってきますね!
 
先週は、田舎の祖母からもらった、えんどう豆で
豆ごはんをいただきました〜〜〜(^u^)
 
 
豆ごはんの時期がくると春がきたー!と実感します。
 
昔から大好きでこの時期になるとよく食べていました♡♡♡
 
 
さっそく豆の処理・・・
娘と一緒に。
1つ1つ丁寧にとってっくれました!
 
垂水区ふくしま接骨院の手料理教室食育
 
豆ごはんは栄養も満点です◎
 
 
えんどう豆(グリーンピース)の主成分はタンパク質と炭水化物ですが、
そのタンパク質はリジンやアルギニン、シスチンなどのアミノ酸を多く含んでいます。
 
ごはんには足りないアミノ酸がグリーンピースには含まれているので、
理想的なアミノ酸バランスになります。
 
 
20種類もあるアミノ酸は、
それぞれ神経機能や肝機能を高める、
脳の活性化、精神安定、代謝促進、免疫力強化、疲労回復
などの機能があります。
 
 
特定のアミノ酸をとりすぎると、
逆に免疫力を低下させたり肝機能障害を招くとも言われています。
 
ごはんを主食に動物性・植物性いろいろなものを食べ合わせることが、
アミノ酸をバランスよくとることになります。
 
垂水区ふくしま接骨院の食育豆ごはん
旬の味わいである豆ごはんは、ただおいしいというだけでなく、
栄養的にもよくできた組み合わせなのですね。
 
 
旬のものは栄養が豊富です。
美味しいご飯で健康になりましょう〜〜〜\(^o^)/
 
 
こちらも一緒にご覧ください >>> ☆しろ院長ブログ☆