☆腰痛の原因は体重増加が問題か?!ぽっこりお腹に注意☆

2018年06月22日

こんにちは。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

神戸市垂水区の桃山台にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の痩身セラピストの城真奈です。

 

ここ2、3日は蒸し暑い日が続いていますね。

夜も熱帯夜になり寝苦しさを感じている方も多いのではないでしょうか?☆

私もこの2、3日でやっと薄手のパジャマに変えました!

真夏に向けてのリハーサルだと思い、

体調管理には十分に気を付けて過ごしていきましょうね!

水分の補給はこまめにが鉄則です。

出来るだけ、水またはカフェインのないお茶(麦茶など)がおススメです!!!

 

———————————————————-

まずは、皆さまに≪お知らせ≫です。

明日の28日の木曜日

城院長の人間ドック 健康診断のためお休みをいただいております。

毎週木曜日は午前中のみ診療しておりましたが、

今週だけお休みになります。

お間違いのないようによろしくお願いいたします。

 

※お休みの日も

メールやLINEでのご予約やご相談のお問い合わせは受け付けております。

メール:fukushima.momoyamadai@gmail.com

LINE:@pfa1167zで検索していただき友だち追加

・お名前

・携帯電話

・ご症状またはご希望のめにメニュー内容

・お希望のお日にちとお時間帯

・ご質問やご相談の内容(もしありましたらお気軽にご記入ください)

上記の内容をご記入の上

メッセージの送信をお願いいたします。

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院のお問い合わせ


 

 

さて、本日のタイトルにも書かせていただきました

「腰痛の原因は体重増加が問題か?」

についてお話ししていきます。

 

簡単に結論からお伝えすると、

体重が増えるとお腹がポッコリでてきます。

お腹がでてくるとそのお腹を支えるために

腰はそった状態になります。

そのため、お腹が出れば出るほど

腰への負担が増していくことになるのです。

 

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の腰痛の原因と対策

 

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院にご来院のみなさまに圧倒的に多い症状のひとつ

「腰痛」!!!!!

ちなみに、2番目に多いのが学生さんの「足の痛み」です。

(成長痛やシーバー病など)

 

腰の痛みには、

さまざまな原因が考えられますが

体重が増えたことによる腰への負担はとても大きいです。

 

体重が増えると

ただ単に

*体型が変わった

*着たいお洋服がなくなってきた

*老けて見られるようになった

 

という見た目だけの問題ではなく、

からだの中身も必ず影響は受けています。

 

特に!!!

体重が増えると内臓にたくさん脂肪がついた状態になりますので、

血液の循環も悪くなります。

 

血液の循環が悪くなると・・・

疲れやすくなったり

からだが冷えてきたり

姿勢がわるくなったり

 

良いことは1つもありません。

 

そして、

最後の姿勢が悪くなるという点がポイント!です。

最初にも述べたように

 

お腹が出れば出るほど

反り腰の状態になります。

 

逆にお腹に筋肉(腹筋)があれば、

姿勢がよくなり腰への負担はなくなるという訳ですね。

 

すなわち

「腰痛を改善するためには、体重を落とす!」

という点も重要になっていきます。

 

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院では、

からだの中から健康になっていただくために

歪みを調節したり、

内臓の状態を良くしていくことも

お伝えしています。

 

これから、暑い夏がきます!!!

季節の変わり目の前に

しっかりとお体のケアをしておきましょう\(^o^)/