☆ぎっくり腰☆

2018年07月3日

おはようございます。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

神戸市垂水区の桃山台にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の

痩身セラピストの城です。

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院のコンセプトは、

【皆さまに心身ともにカラダの中から

健康になっていただくお手伝いをすることです】

 

2018年は後半戦にはいりました。

7月、本格的な夏のはじめりです!!!

 

今日は朝から早起きをしたーーー!

なんて方おおいのではないでしょうか?!

そう、ワールドカップ2018☆

日本 VS ベルギー の試合が朝の3時から試合が始まっていましたね。

私は完全に夢のなかでしたが、

主人は頑張って起きて興奮しながら見ていたそうです。

残念ながらベスト8ならずでしたが、

たくさんの感動と諦めない姿を見せてくれた

日本の選手に大きな拍手をおくりたいです!!!

やっぱりスポーツはいいですね(*^▽^*)

 

今日は寝不足(+o+)という思いでお仕事や学校に行かれた方もいらっしゃると思いますが、

日本代表が必死になって戦った姿をみて、

今日も1日明るく元気に過ごしていきましょうね。

 

 

さて、本日のタイトルの

「ぎっくり腰」

皆さんぎっくり腰、急な腰の痛みを感じたことがありますか??

 

今現在このブログを書きながら、

「ぎっくり腰になってしまい予約をお願いしたいのですが・・・」

という電話が鳴り

あまりにもタイムリーでびっくりしました。

 

 

昨日の午前中、

「はじめてぎっくり腰になりました。」

という30代の女性が来院されました。

来院された前の日の夕方に

くしゃみをした瞬間にグキッとにぶい音がして腰に痛みが走ったとおっしゃっていました。

今回が初めてのぎっくり腰ということでした。

 

問診の時に詳しいお話しをお聞きすると、

このぎっくり腰になる1週間前から腰に違和感を感じていたようでした。

ここ最近は仕事の量が増え、

疲れがたまっていたようです。

 

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の考えとしては・・・

 

疲労が蓄積することにより、

それを補い、カラダへの負担を軽減するために

カラダが歪むようになります。

歪むことでカラダが頑張って生活をしています。

そして、それが限界に達することで痛みとしての症状がでてきます。

 

今の時期(季節の変わり目:春から夏、夏から冬など)は、

循環が悪くなりやすく

この時期に疲れをためすぎてしまうと

「ぎっくり腰」になる確率が高くなります。

 

この患者さまの場合も

急に痛みがでた!という症状でしたが、

その前の1週間前からの腰への違和感が

カラダが発していたSOSだったのですね。

 

ちょっと最近体重が増えてきたな。

ちょっといつもとカラダが違うな。

ちょっと疲れやすくなってきたな。

 

この“ちょっと”は実はカラダの中では

何かしら感じている

なにかしら負担がかかってきている

サインになります。

 

毎日お仕事や学校でお忙しい毎日を送っていらっしゃると思いますが、

「ぎっくり腰」のような激しい痛みがでてしまうと

2,3日仕事に行けない!外出できない!という場合もあります。

 

痛みが強くなる前に

1週間に1度は自分のカラダと向き合う

自分のカラダの声を聞く

習慣をつけてあげてくださいね。

 

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院のぎっくり腰の治療