☆心に残る名言☆

2018年03月27日

こんにちは。

神戸市垂水区にあります、

ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の

痩身セラピストの城真奈です。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

皆さまは今年1月スタートのドラマは何か見ていらっしゃいましたか?

学生時代は、毎日のようにドラマを見ていましたが

今はやるべきことの優先順位を決めて生活するようになってきましたので、

1シーズンに見るドラマは2作品くらいに絞っています。

 

今回私が見ていたドラマ

私の大好きな深田恭子さん主演の

「隣の家族は青く見える」

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の心に残る名言集

4組の家族がそれぞれの悩みを抱えながら

生活していくドラマ。

このドラマでは毎回たくさんの心に残る名言があり

とても勉強になるドラマでした。

 

たくさんの名言の中で私が最も心に残ったものを今日はご紹介します。

 

深田恭子さんは役でこどもが欲しくて不妊治療を続ける女性を演じていました。

ですが、何度も妊娠に失敗し最後には流産という辛い経験をすることになりました。

流産を機に、夫に子供を抱かせてあげられない

これ以上 主人に辛い思いをさせたくないと

別れを告げ家を出て実家に帰るという場面がありました。

何日かたったある日

義理のお母さんが来て言った言葉。

 

   ↓    ↓    ↓

 

神戸市垂水区 ふくしま鍼灸接骨院桃山台院の心に残る名言集

 

この言葉に私もジーンときてしまい、

涙なしではみれませんでした 😥  😥 😥 

 

患者様や友人との会話の中、

ふと見ていたテレビ番組、

日常にはいろんなところに人生を今よりもっと素敵に過ごせるヒントがたくさん隠れています。

 

 

そして、このドラマの最後にはよりを戻すことになり

深田恭子さん演じる妻から

「赤ちゃんを授かることが奇跡だっておもってたけど、

一生一緒にいたいと思えるパートナーに出会えたことが1番の奇跡なんだよ。」

と言うシーン。

 

今ある環境に感謝することを改めて学びをえることができたドラマでした◎